結局は、どこかで妥協するしかない

最近は、労働力不足が話題になっています。
一部の業界では人が足りなくなったと言われてます。
若い人は売り手市場だとか。
それでも高齢者に関しては、なかなか仕事が見つからないそう。
年齢が上がると、希望の仕事に就くのが難しいようです。
それは仕事を探す人にも問題があるようです。
自分がしたい仕事を見つけたくてもなかなか空きがない。
あるいは、そこで採用している条件と食い違う。
若かったらいいけど、50を過ぎるとなかなかいい顔をしない。
その話を聞きます。
結局はどっちかが妥協するしかないんですね。
高齢者でもいいから雇うことにするか、条件が悪くてもいいから働くことにする。
そうした決断があれば決まっていきます。
フリーで働くにしても、条件が厳しいのを見ると、そうした妥協が必要です。
完全に一致するような職場って存在しません。
以前に働いていた会社でもそうだったように、どこかで食い違いがあります。
ある程度条件を満たしていたら、勧めてみた方が良い結果を招きます。
それで働いてみたら、意外に自分にあった職場だった。
そんなこともあります。
働いてみないとわからないこともあります。